2007年01月27日

リトル・ミス・サンシャイン

littlemiss.jpg

紹介が前後しましたが、今年最初に見た映画はコレ。見たあとはスカッとするし何だか嬉しくなるという、幸先の良いスタートとなりました。

と言っても、しょぼくれた中年女性が病院を追い出されたお兄さんを迎えに行くところからして、全然癒し系なストーリーじゃない出だしです。お兄さんはとっても辛いことがあり、自殺寸前だったのを請け出されてきたのですが(アメリカの病院て、保険が利かないと帰されちゃうのね…日本でもそうなんでしょうか)、妹の家に着くと早速自殺未遂の理由を聞かれ、マジメに答えてるのにほとんど同情してもらえてないあたり、輪をかけてカワイソー。

家の中はゴタゴタしているし、口げんかは絶えないし、黙りこくったままのヘンな息子はいるし、おじいちゃんヤク中だし、唯一まともらしい小さな娘は身の程知らずにもミスコンに出るとか言ってるし、もうメチャクチャ。これで心温まる展開になるのかと不安になるかもしれませんが、ちゃんと大丈夫です(たぶん)。

まずはお兄さんの専門がプルーストっていうのが異常にツボにハマりました。日本じゃ「えっ、あの話の長い(…そうね)オヤジギャクの人だっけ?」(ちょっと待て、それはジェイムズ・ジョイスじゃないのか)って感じか知ってる人には大文学者ということで通ってる(?)かと想像しますが、映画の中じゃ知られてる割に(お兄さん以外)プルーストを偉大な文学者とは思ってないっぽいところが哀しくも可笑しい…。

登場人物全員、どこかその辺にいそうな感じなのも好感度大。感動の押し売りっぽくもないし、何てことない映画なんですけど、心に残る一本です。
posted by 銀の匙 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

日本の表現力

nihonno.jpg

「マリー・アントワネット」を見ようと六本木くんだりまで出かけたのに、豪華な衣装と音楽に負けて(スタッフロールのラストに流れたの、Aphex Twinの曲ですよね?良かったなあ…)、王妃の孤独なんてさっぱり伝わって来なかったとむくれている今日この頃。せめて言葉だけでもいきなりフランス語になれば少しは感じ出たかもしれないのに、なぜ皆英語でしゃべる!?

…ああ、禁を犯して気に入らなかった映画の話をしてしまいました。もちろん、見どころはあったので全然ダメでもなかったんですけど…。

というわけで、絶対オススメの企画の方をエントリー致しました。もうちょい足を伸ばして、国立新美術館。

六本木ヒルズからですと、地下道を乃木坂方面に抜け、直進して六本木トンネルに入る直前の右側にある階段をとことこ下へ降りていき、道なりに進むと正面玄関に到達します。

スゴイ大建築のような写真を事前に見ていたのでどんないけ好かない建物かと思ったら、意外にこぢんまり見えて好印象。お目当ては無料展覧会「日本の表現力」だったのでそのまま入ります。

最近の美術館のトレンドで、入場券を買わなくても取りあえず構内に入れるのが嬉しい。公共の建物はこうでなくちゃ。

大学のカフェテリアみたいな三つ星レストラン(平日の2時だったのに長蛇の列)を視界に収めつつ、展示ホールへ。

マンガ、アニメ、ゲームなど日本ご自慢のエンタメ系アートを取りそろえたラインアップと聞いておりましたところ、入っていきなり、鳥獣戯画絵巻がひっそり展示されていたのにはビックリ。普通だったら行列して見るものですもんね。じっくり拝ませて頂きました。

映像ホールできちんと上映会もあるのですが、日程が合わなくて残念に思っていたところ、ほんのさわりですけど会場でも常時流されているとわかりました。一度は見てみたかった「くもとちゅうりっぷ」といった古典アニメも流れていて嬉しい。

とはいいつつも、アニメやマンガは大体リアルタイムで見ているので、目新しかったのはむしろメディアアートの方。

公式HPにまだ画像も紹介も出ていない、面白い展示がたくさんありました。ジャイロスコープを操作して自分が地球の内側から地図を見ているような気分になれる作品とか、1人1弦を演奏して1つの音楽を作り上げる作品とか、SF的発想のものが多くて楽しめました。会期は2月4日までと短いので、この機会にぜひ御覧になってみてください!面白いアイデアを見たい方には超オススメです。

公式HPはこちら
posted by 銀の匙 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

KASABIAN EMPIREツアー

kasabian.jpg

10日も前のネタをほったらかしにしてました。すみません。
何はともあれ、カサビアン。イギリスのバンドです。

自分では非常に良くあるパターンなんですが、中味を全く聞いたことがないのに(さすがに名前は知っていた)CD屋でジャケットカッコいいなあ↑買おうかな…と思ったら、来日公演があるって書いてあったので、CDがチケットに化けた訳なのです。公演まで1ヶ月切ってるのに、100番台前半でチケット買えるってどうよ…?とかなり後悔しつつ、会場のZepp東京へ。

ほとんど開演時間だというのに悠然と会場に向かう人たちが多いこと!(←熱狂的なファンがいるバンドだと、前座のときも場所取り等でとっとと入場するのです)あ〜ダメかも、こりゃ。

むしろセッティングのときに流れた音楽がカッコ良かったので、まあ、これだけでも拾いもんだ、何てバンドの曲だろうと思い、たまたま横にいた人に「この曲なんて曲ですか?」と聞いたらきっ!と睨まれました。後でわかったんですが、それがカサビアンの代表作だったらしい。知らんくせに来るなボケ!っていうか、映画館じゃないんだから普通これから演奏するバンドの音楽は流さなくないか?…いえ、予習もせずに来る私が悪いです。ファンの皆さん、すみません。

ライブが始まってみると、開始までのクールさはどこへやら、ここは「うたごえ喫茶」なの?と思うほど、観客が唱う唱う。フルコーラス唱えるファンがこんなにいるバンドだとは。しかもイギリスからの追っかけもかなり居るらしく、いよいよ肩身が狭くなってまいりました。

とは言いつつもメンバーにドミニク・モナハンとビリー・ボイドを縦に伸ばしたような感じな人がいるのが思いっきりツボに入り、曲調も大変好みだったのでとりあえずサビコーラスを叫ぶところから参加することに。

圧巻はアンコールで、ノリのいいナンバーばかり立て続けにやったので、みんな汗だく。手すりの脇に陣取れてラッキーと思っていたら、縦ノリで踊り始めた人たちが体当たりを食らわしてくるので逃げ場がなく、肋骨折れそうになりました。ああ、これも野次馬でライブに行った祟りなのでしょうか。

帰って早速1stCD「カサビアン」を聞いてみると、これがまた捨て曲全然なしのいいアルバムなんですよね…。ライブの方がやっぱりずっと臨場感がありましたけどね。

と言うことで、今年はCD聞いてからライブに行くぞ!(新春の誓い)
posted by 銀の匙 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台/パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

1月後半〜2月のリマインダー

2007年最初のリマインダー。今年もよろしくお願い致します。
青字の部分は公式サイトなどにリンクしています。

【映画】
ただいま公開中
ファースト・ディセント
firstdis.jpg

公開中
渋谷シネ・アミューズ

アラスカでのチャレンジを描く、スノーボード映画。
夏に見るのもいいかもね…。

マリー・アントワネット
公開中
日劇PLEX(銀座)ほか

不都合な果実
公開中
TOHOシネマズ六本木 ほか

地球温暖化問題に関するドキュメンタリー。アメリカでもちゃんと考えてる人いるじゃん!世の中上手くいかないものね…。

合唱が出来るまで
公開中〜1月26日
ユーロスペース(渋谷)

リトル・ミス・サンシャイン
littlemiss.jpg

公開中
渋谷シネクイントほか

新春のイチオシでございます。
ぜひ御覧下さい。

マジシャンズ
magicians.jpg

公開中
ライズX(渋谷)

ソン・イルゴン監督の音楽映画。全編ワンカットで構成される一晩の思い出。

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド
公開中
渋谷シネマライズ

これから公開

MUSIC DOG.FES.
1月27日〜2月2日
UP LINK X(渋谷)
世界各地の音楽ドキュメンタリー。

ソクーロフ 甘美なる映像世界
2月3日、4日 
パルテノン多摩

「太陽」「日陽はしづかに発酵し…」など必見の代表作ばかり。

世界最速のインディアン
2月3日〜
テアトル タイムズスクエア(新宿)ほか

クロッシング・ザ・ブリッジ
crossing.jpg
3月〜
シアターN渋谷

神童
shindou.jpg
2007年 春
シネマライズ渋谷

原作のマンガを読んだことがありますが、一切音がないのに
音楽の素晴らしさ表現されていてスゴイなと思いました。
実際に音が出てしまう(?)映画でこの感動をどう表現するのか、見てみたいです。

【展覧会】
中国新春展 お正月をめぐる民間工芸
oshogatu.jpg

開催中〜1月28日まで
日中友好会館美術館(飯田橋)

中国のお正月は旧暦なのでこれからが本番。お正月に関連する民間美術のあれこれが飾られています。小麦粉で作られたお正月風景はジオラマ・フィギュアファン必見!

柳宗理 生活の中のデザイン
yanagi.jpg

開催中〜3月4日まで
東京国立近代美術館(竹橋)


中村宏 図画事件
開催中〜4月1日まで
東京都現代美術館(木場)

一度目にしたら絶対忘れられないインパクト。
図書館にポスターが貼ってありましたが、皆思わず顔をそむけていました…。はははは。

日本の表現力−アート・エンタ・アニメ・マンガ
国立新美術館(六本木)

展示もさることながら、トークショー、上映会などイベントのプログラムが充実。担当者にオタクがいる!絶対いる!!

ニッポンのデザイナー展
nippondesign.jpg

2月6日〜3月4日
Shiodomeitalia クリエイティブ・センター(汐留)

展示が面白いかどうかはちょっとわかりませんが、
展示会場のある場所はちょっと面白いです。まだできたてなのでハリボテチックではありますけど、ちょっとした広場の周りを全部イタリア系のテナントが入ったビルで固めているんですよ。新橋や近くの場外馬券場とのミスマッチがなかなか笑えるので機会がありましたら是非。
posted by 銀の匙 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 催し物 リマインダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

のだめフェスティバル カウントダウン

nodame.jpg

新年早々業務が立て込み、20日過ぎてのご挨拶となってしまいましたが、今年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、そうはいいつつ、年の初めには銀座の国際フォーラムで、カウントダウンコンサートを聴きながら新年を迎えました。家の近所では、いまやすっかり年末の風物詩と化したジルベスターコンサートが催されているのですが、例年気づいたときにはもはやソールド・アウトの上、チケットも高いので無料のクラシックコンサートというふれこみに思わず飛びついてしまった訳です。

いまをときめく「のだめカンタービレ」と「熱狂の日」がコラボした催しで、電子楽器の試奏やのだめカフェの出店、年越し蕎麦などもあって賑やか。コンサートでは、2007年の熱狂の日のテーマ、「民族のハーモニー」関連の曲目が演奏されました。目玉は山下洋輔さんのピアノによるガーシュイン「ラプソディ・イン・ブルー」。360度の客席でピアノと反対側に陣取っちゃったので音はあまり良く聞こえませんでしたが、時折、ラフマニノフ?とかドヴォルザーク?とか別の曲のフレーズを織り交ぜ、なかなか盛り上がっていたようです。

アンコールはラヴェルの「ボレロ」でこちらは大迫力のうちに終了しました。大晦日は終日電車が動いているので、帰りの足の心配もなく、良い年越しとなりました。

今年の熱狂の日、チケットは3月17日から発売だそうです。いまから待ち遠しいです。
posted by 銀の匙 at 03:18| Comment(0) | TrackBack(2) | 舞台/パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする