2008年05月29日

屋上庭園

okujo.jpg

この展覧会、これまで出かけた展覧会のうちでは(わたくし的には)間違いなく上位5番には入る企画でした。チャンスがあれば是非お出かけください。

「屋上庭園」をテーマにした企画展で、これと言って中心になる展示はありません。強いていえば、出品作品がもれなく良かった珍しいケースだと思います。

そう思わせてくれた最大のポイントは、抑制のきいたストイックな作品選びにあったと言えるでしょう。館蔵品中心とはいえ、美術館主導のテーマ展というと、あれもこれもとコンセプトにそって詰め込みがちですが、今回は静かな庭園の回廊をゆっくりと巡っていくような気持ちで、用意された10通りのアプローチが楽しめました。

天井が高く、柔らかな光を天窓から取り込んでいる美術館の建物が一方の主役となっています。

入り口で迎えてくれるニコラ・ビュフの作品に、まず度肝を抜かれます。白地に黒のポスターカラーで描かれた門をくぐると、一面に広がる黒字に白抜きの線画。一見、宮殿の内装のようなきらびやかさですが、よく見るとあちこちにマンガのキャラクターのような造型が…。ドカンとかドスンとかカタカナの書き文字まであるのがご愛敬です。西洋と東洋の要素を巧みに混ぜ合わせていながら、いずれもいかにもそれらしく描かれており、力のある作品です。

当初、この展覧会を見に行くきっかけとなった藤森静雄の作品を展示している版画のスペースも良かったです。明治から昭和にかけての版画同人誌が並んでおり、実際に手にとれる復刻本もありました。いずれもこの美術館の図書館が収蔵しているものだそうで、さすが良い本を持ってるという感じでした。

次なる目玉はマティスです。まさか出品しているとは知らなかったので嬉しい驚きでした。ナチス占領時代のフランスにとどまった画家が胸中の思いを込めて制作した「ロンサール恋愛詞華集」「シャルル・ドルレアン詩集」は、前者は茶色の線画、後者は手書き文字にわずか数色の線画と非常にシンプルでありながら、心のこもった必見の作品です。挿絵と文字の配置の巧みさが強く印象に残っています。

後半は、モノクロのデッサンで構成されたブロワ・ブロワザの映像作品《Bonneville》を面白くみました。単なる3Dアニメなのかと思ったら、デッサンと紙の模型を組み合わせて作ったのだそうです。画面に降りしきる透明な物体、如何にも立体なのに、横に回ると薄っぺらで、肝心なところでホワイトアウトして切れてしまう記憶、なんだかグレッグ・イーガンのSF「順列都市」を連想してしまいました。

そして圧巻は、チラシにも使われた内海聖史の作品、「三千世界」「色彩の下」です。美術館の壁そのものを生かした作品で、天空の庭園にふさわしいスケールが最小限の要素で表現された大作です。

いつもは目玉の作品を中心に割合駆け足で見ることの多い美術展ですが、今回は本当にほっとした気持ちで、じっくり見ることができました。展示と展示の間の余白を楽しめる心のゆとりがあるときに、お出かけください。

2008年7月6日(日)まで
東京都現代美術館(清澄白河)
posted by 銀の匙 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

ラ・フォル・ジュルネ 2008年

シューベルト.jpg
いまやGWの年中行事、ラ・フォル・ジュルネでございますが、今年は最終日、最後の1プログラムだけ見ました。

確かに良い曲はあるけれど、わざわざ聞きに行くほどでもないのがシューベルト(ごめんなさいごめんなさい)、歌曲も知ってるのだと、ちょっとイメージ違うと居心地が悪いと思い、あまり知らないのが多いプログラムを選んでみました。

この演目は1828年3月26日のコンサートのプログラムを再現したものだそうで(にしては、ずいぶん短い気もしますがフォルジュルネの枠に合わせた抜粋なのかしら…?)、生涯にただ一度、シューベルトの友人たちが開いてくれた自作品のコンサートの再現、という趣向のものであります。

曲目は以下の通り。

弦楽四重奏曲第15番
十字軍

さすらい人の月に寄せる歌
アイスキュロスからの断片
セレナード
ピアノ三重奏曲第2番
川の上で
全能の神
戦いの歌

この中で知ってた曲はピアノ三重奏だけでした。
合唱はコルボだし面白いかもと少し期待していましたが、独唱なのに譜面につきっきりの歌手、出だしはともかく各休止符前の歌詞の終え方が各人バラバラの合唱(ドイツ語は終わりを揃えるのが難易度高いのかも)、とても調子悪そうだったホルンと良いところが全然ない演奏でした。

気に入らなかった演奏はエントリーしない、というのを原則にしておりますが、今年はこれ1つしか見なかったので、いちおう記録として…。今年良かった演奏はどれだったんでしょうね。今年から始まった金沢会場のプログラムの方が、魅力的だった気がするけど…。

来年はバッハとヨーロッパがテーマとのことで、今から待ち遠しいです。

2008年5月6日
プログラムNo.546
東京国際フォーラム ホールC


コレギウム・ヴォカーレ 男声合唱
ベルギー
posted by 銀の匙 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台/パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

ちょこっと追加リマインダー 展覧会編

bau.jpg
バウハウス展、見て参りました。
bauhaus.jpg

今回は感想は別ブログに。

会場で拾った展覧会3題。

宮島達男 Art in You
miyajima.jpg

ここでやる展覧会はかなりツボなこと多いんですけど、何しろ行くまでにかなり時間かお金がかかるので、つい行かずじまいになってしまうんです。行けば必ず、行って良かったと思うんだけど…

5月11日まで
水戸芸術館現代美術ギャラリー

カメオ展
kameo.jpg

肖像、ギリシャ・ローマ神話、聖書、神から人間・日常へ、カメオのある宝飾品、の5テーマによる展覧会。カメオ自体にはそれほど興味がありませんが、前回「ティアラ」の展覧会を見て、ある装飾品から伺える世界の広さに驚いたので、ちょっと興味があります。

2008年9月6日〜10月26日
箱根彫刻の森美術館

薔薇空間
bara.jpg

フランス宮廷画家、ルドゥーテ描くところの薔薇はおいといて、タイアップが派手ですねー。シェ松尾のコースメニューとか、会場限定オリジナルグッズ(って、しおりとかじゃなくて、陶器ですよ)、何だか女性率すごく高そうな展覧会だこと…。

2008年5月17日−6月15日 
Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷)
posted by 銀の匙 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 催し物 リマインダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

5月〜のちょこっとリマインダー

前々回のエントリーにちょこっと追加。久しぶりにヒマを満喫しているGWでございます。

【映画】
パラノイドパーク
palanoido.jpg
あまり何度も予告を見たせいで、すっかり見た気になっている映画。
出てくる少年少女が綺麗で…。

ガス・ヴァン・サント監督
上映中

タカダワタル的ゼロ

2008年5月〜

ザ・マジックアワー
majikku.jpg

三谷幸喜監督
2008年6月7日公開

レッドクリフ
redkurifu.jpg

要は三国志の「赤壁の戦い」。なんでもカタカナにすれば良いというものでも…三国志モノとくくられたくなかったせいだと善意に解釈いたしました。

ジョン・ウー
2008年10月公開

Wall・E/ウォーリー

「ショート・サーキット」に登場しそうなこのロボットが可愛いわ…そして猟奇的なカノジョも。「街の灯」のリメイクだと聞きました。

2008年12月公開

【展覧会】

屋上庭園
okujo.jpg
10のテーマに分けて、庭をめぐる近現代の作品を紹介するもの。チラシ裏に出ている出品予定作品がどれも綺麗なので、見に行こうかなと思っています。

2008年4月29日〜7月6日まで
東京都現代美術館(清澄白河)

バウハウス テッサウ展

開催中〜7月21日まで
東京藝術大学大学美術館(上野)

ヨーロッパの近代工芸とデザイン−アール・デコを中心に
museum.jpg
ミュシャやラリックといったお馴染みのメンツに加え、日本の作家がラインナップされているのでちょっと面白そう。ポスター中心ということですが、椅子や食器などの工芸品も展示されるようです。

2008年5月20日〜7月6日
東京国立近代美術館工芸館(竹橋)

エイリアン展
eirianten.jpg
映画『エイリアン』の展覧会なのかと思ったら、エイリアン一般ですか。

開催中〜6月16日まで
日本科学未来館(お台場)

【演奏会】
ラ・フォル ジュルネ・オ・ジャポン

今や恒例行事となりました、有楽町−日比谷地区を巻き込んだ一大クラシックイベント。主会場は東京フォーラム。今年のテーマはシューベルトです。GWは閑散としている東京で、チケットを持ってなくても、特に聞きたい演奏がなくても、この時期、この地域にくれば、お金を使わず楽しく過ごせるのでオススメ。
posted by 銀の匙 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 催し物 リマインダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする