2008年12月01日

トロピック・サンダー 史上最低の作戦

ハ〜イ!皆様ご無沙汰でございます。
やっぱり見に行きました「トロピック・サンダー」。

ベン・スティラー、ジャック・ブラック、ロバート・ダウニー・Jr.を主役に揃え、映画(と映画スター)をコケにしまくるこの映画、せっかく戦争映画がネタなのに、そこを茶化さずに「映画産業」を茶化す止まりなところに限界も感じますが、そんな内輪受けがかなり笑えてしまうあたり、果たしていいのか悪いのか…。

役者が役者に扮してるため、公式サイトには「主演俳優」たちの公式サイトまで用意されてるというバカっぷり徹底ぶり。

撮影開始たった5日で泥沼状態の超大作戦争映画「トロピック・サンダー」。ワガママばかりの俳優たち、英国人の映画監督(←という時点ですでにダメの烙印が押されているのが笑える…どうせお偉い舞台監督サマなんだろ、みたいなこと言われててお腹よじれそう)、サイテーな脚本と、もう映画の完成は風前の灯火に。

しかし、そこで起ち上がった独りの漢(おとこ)@ウソつきによって、ついにクルーは本物の戦場に投げ込まれることになってしまうのであります。

全編やりすぎな曲者出演者オンパレードの中でも、特にスゴイのがトム・クルーズ。完全に他を圧倒している。誰か彼に座布団3枚、いやオスカーを上げてください。

ぜひ効果音ばっちりの劇場で見てください。ただ、一緒に見に行く人を選ぶ映画かも知れません。コメディだと思ってナメてると、ロケット砲でぶっとばされちゃいますよん。時事ネタっぽいのも入っていましたが、その辺は相当ブラックでしたしね…。
            +     +
あ、そうそう、ファミリー映画じゃないですよ。グロ攻撃に耐えられる方のみご覧ください。

グロ攻撃って何よ?と思われた方、まずは、このページのウェブ用プロモを見て、大丈夫そうだったら行ってみて下さい…あ、これを見てイヤになった方、ここまでひどくはありません!お友達に誘われたら行ってあげてください!
posted by 銀の匙 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする