2012年12月31日

The Hobbit ホビット

何と言っても、「指輪」の登場人物の中では、ダントツにビルボが好きな私。
ビルボがどんだけ良い人(ホビット)か、言い出せばキリがないけど、指輪物語のほんのさわりを読んだだけでもすぐ分かります。いま手元に本がないのでうろ覚えですが、こんな感じ。

「(ホビットは誕生日を迎える者が皆にプレゼントを贈る習慣があるが、贈るものはマゾム(ガラクタ)の類で、どうせ要らないものなので、皆の間でやり取りされてグルグル回ることになる。)でも、ビルボはもらったマゾムを回したりはせず、きちんと取っておきました」

相手に合った贈り物に嫌味たらたらのメッセージをつけて贈るあたり、いい性格しているわけですが、それでも、人の好意を無にしない心配りがあるんですよ。思いやりもあって勇敢、さすがは大旦那さま。なのに『ロード…』ではほとんどクリーチャー扱いだったのが許せん!『ホビット』でそんなことしたら呪ってやるうーーと私は心に誓っておりました。

でも、映画化の途中でデル・トロ監督も降りちゃったし、当分実現は難しいのでは、と思っていたら、いつの間にかちゃんと出来上がってましたね。もちろん見ましたとも…まだ2回目だけど…。でもちゃんとビルボのキャラがビルボらしくてホッとしました。(甥のフロドはキャラ破壊されて相当ヘタレに仕上がってましたが(原作ではもっと勇敢で賢いはずなんだけど…)、いつか名誉回復されるときが来るのでしょうか)

で、映画『ホビット』ですが、2回ともIMAXで、1回目はふつう、2回目はHFR式で見ました。好みの問題だと思いますが、HFR式は映像が非常にクリアな分、なんだか逆に作り物めいて見えてしまいました。例えば、セットのシーン、最初のエレボールのバルコニーとか、質感がバッチリ発泡スチロールっぽいなーとわかってしまったり…少しボケがあったほうが、雰囲気は出ると思うんですけど。

それはさておき、上映時間全9時間もあったのに、それでも肝心な部分をはしょりおって、とかはしょった割には要らんところを付け足しおってとか原作ファンに大変評判悪かった『ロード…』と違って、その前日譚である映画『ホビット』は、おおむね好評の模様。

ただ、原作ファンに気を遣った割には映画ファンにはあまり気を遣わなかったらしく、今回初めてこのシリーズを見た人にはかなりチンプンカンプンな箇所があったようです。

そこで初見の人に聞きました、この映画の分からなかった箇所ベスト5!

まずは、第5位
「死人遣いって何のこと?」
そりゃー私にもわかりませんっていうか、原作の翻訳は「死人占い師」になってるんですけど日本語自体、謎ですね。手相占いが手を、占星術師が星を見て占うんだとすると、死人を見て占うんですかね?
「あ、アングマールの魔王の相が出てますよ。女難・ホビット難の相ですな」とか
「今日のラッキーチャームはモーニングスターよ(はぁと)」
とか…??(あり得ない)
次にあり得るのは霊媒師の線ですが、それなら訳は霊媒師で済みますもんね。
中の人がシャーロックならやりそうですよ。
「お、被害者の霊が降りてきたぞ、ジョン。そうだ、真犯人は、サで始まる人物だ!」

字幕の訳は「死人遣い」なんだけど、それはゾンビ遣いとか霊幻道士とかと同じってことなんでしょうか。
続編でちょっとは説明して欲しい。

第4位
 「あの女の人だれ? っていうかあの人、女?」 
ガ、ガラドリエル様に向かって何てことを…(ぶるぶるぶるぶる)
それに確かに、怖くなったときは半分男性の声だったし、前作では。

いや、でも気持ちはわかる。本当に全然女っけないですもんね、この映画。
いきなり裂け谷に現れて、エルロンドの奥さんってわけでもなさそうだし(旦那さんはどうしたの?)、
ヒロインってわけでもなさそうだし。あ、なに、ドワーフ女のことですか?
いやーー、最初のエレボールのシーンで居たのかもしれないけど、
ドワーフ女はヒゲ生えてる筈だから居たかどうか不明。

ま、続編にはオリジナルでヒロインが出てくるらしいから期待しててくださいよ。
私は期待しませんけど。

第3位
「あのワシは嫌がらせ?」
だから言ったでしょう、人にされて嫌なことは人にしちゃダメって…。
歌まで歌ってビルボに嫌がらせするから、そんなことになるんです、イスタリとドワーフのみなさん。
(ビルボもとばっちりで気の毒に)
あんな高い山のてっぺんに置き去りにされて、どうやってはなれ山まで行くんだか。
よく見ると階段が見えるという話だけど、そういう問題じゃないと思います。

そういや『ロード…』のときに、ガンダルフが蛾をお遣いにやってワシを呼んでたけど、あの蛾がラダガストなんじゃないかと話題になっていましたね。今回でその疑いも晴れたなあと思っていましたが、よく考えたら、ワーグのシーンで途中からいなくなったあと出てきてないし、まだラダガスト=蛾の線も捨てきれないかも…

第2位
「あの玄米もちみたいな人はオークじゃないの?」
ああ、ゴブリンの王様のこと…?ほんとだ、何となく納得して見てましたけど、ゴブリンって何なんだか特に説明がなかったような。分かってるはずって扱いなのかしら。

第1位
ところで、ホビットって何?  
そう来たかーー!確かにこの映画では説明が全然ないかもーーー!『ロード…』のときは冒頭でしっかり説明してましたもんね。そういえば「中つ国」「エルフ」「ドワーフ」も説明抜き(前作では何となくでも分かるようにはしてあった)。いまや世界の常識の範囲なんでしょうか??

…と、前作未見の方には謎多き映画だったものの、「でも面白かった」という感想だったので、まだの方もぜひご覧になってくださいね。前作を見てても謎な個所は少なくなかったんですが、それはまた別の機会に。

さて、次は吹き替えを見なくちゃ!
なお、思いっきりネタバレ全開の感想文は→こちらです
posted by 銀の匙 at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード・オブ・ザ・リング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする