2013年02月21日

第16回文化庁メディア芸術祭

新国立美術館.jpg
吉例により、今年も行ってみました、メディア芸術祭。もともとは、ブノワ・ペータース/フランソワ・スクイテンの『闇の国々』の原画が見られるというので出かけました。2Dなのに極限まで3Dな構図は、いかにもヨーロッパの作品って感じです。

で、もちろん見どころはそれだけではなく、さすが、何十万冊もある国会図書館の稀覯本から『エロエロ草紙』をいの一番にデジタル化しちゃう文化庁(きっと何か理由があるんだろうけど、まさか話題づくりってはずないですよね…)が主催だけあって、今年も妙な受賞作にはこと欠かないラインアップ。

本当はとても斬新であろう、カメラを使って入場者を取り込む作品(「ジョジョ」の展覧会で見た、「リモートロマンス」もこのお仲間ですね)がまともすぎる作品に見えてしまいます。
メディア2.jpg

メディア1.jpg

ゲームでは、ビジュアルの美しい、こちらの作品、

『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』
ゲームの設定資料.jpg
が面白かったです。

アニメーション作品では、こちら、
『ハイスイノナサ「地下鉄の動態」』

が気に入って、何回も見てしまいました。モノクロで基本図形だけを使った作品ですが、シンプルなだけに中毒性があるみたいです。youtubeでも見ることができます。


v=ZDykTjFFNIE
ハイスイノナサ.jpg

千葉工業大学 東京スカイツリータウンキャンパス展示
も面白かったですね。トレス台のようなライトボックスの上にパンチ穴の開いた線画を置くと、その線画の輪郭の中にCGアニメが投影されて動きだすというものです。しかけはそれほど複雑ではないのでしょうが、実際に見るととても魅力のあるインスタレーションです。
レジスタードマーク
映像.jpg

展覧会.jpg

線画アニメでは、
『グレートラビット』和田 淳
が面白かったです。
グレートラビット.jpg

つれは
『布団』水尻 自子
がものすごく気に入っていました。

他に商業作品も展示されていましたが、あまりにオシャレで鑑賞者の「ほぉ…。」というため息を誘っていたのは、
『LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜』モンキー・パンチ/山本 沙代でございました。不二子ちゃん、いつもせくすぃー♪
不二子ちゃん.jpg

毎年、会期がとても短いので混んでるんですが、ご興味がおありの方は、こちらのHPへ。

国立新美術館で2013年2月24日まで開催中です。
posted by 銀の匙 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

2013年3月のリマインダー

「思いがけない」美術館めぐりで見かけた展覧会(+映画)。行く予定にしてます。

【展覧会】
カリフォルニアデザイン1930-1965
モダンデザイン.jpg


カリフォルニアデザインというと、なぜか「大味」というイメージがありますが、色遣いのせいかな…チラシをみる限りでは、わりとすっきりした感じですね。覗いてみたい展覧会。

2013年3月20日-6月3日 国立新美術館にて。

フランシス・ベーコン展
おっ、これは行かねば…でも、HPをみると、私の好きな、ヘンな生き物シリーズがない。アレが見たいんですけど…。ま、教皇は見られるみたいだからいいか。

HPによると、土方巽が影響を受けていたんですね。言われてみると、そんな感じです。


2013年3月8日-5月26日 国立近代美術館(竹橋)にて。

貴婦人と一角獣展
一角獣.jpg

これだけで展覧会やるってどうよ…と思ったら、実物は22mもある織物なんですね。本当はフランスの中世美術館に見に行きたいけど(他にも見たいものがあるし)、ま、無理でしょうから、六本木で見るか…すごい混みそうだけど。

2013年4月24日から国立新美術館にて。

【映画】
クラウド・アトラス
2013年3月15日公開予定。『ホビット』を観に行ったとき、予告編を見ました。とりあえず予告編「は」すごく良かったです。他人様の評価はどうあれ、見に行く予定。

公式ページはこちら

特集上映ロシアン・カルト
ロシアンカルト.jpg

2013年3月16日〜24日までの上映。
うわー、日程厳しいな…。
場所は渋谷アップリンク。「火を噴く惑星」とか、懐かしいのやりますね。
「妖婆死棺の呪い」?これは見たことないな…ちょっと見たいけど、キャパが小さいから入れるのかしら?

公式ページは こちら
posted by 銀の匙 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 催し物 リマインダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

ロード・オブ・ザ・リング〜Fellowship Concert〜有志によるサウンドトラック演奏企画のお知らせ

書斎の方とマルチポストになってしまって失礼いたします。
続きのエントリーを書く前に、まずはお知らせをば。

来る2013年2月23日に、有志による「ロード・オブ・ザ・リング 〜Fellowship Concert〜」(入場無料)が行われます。「ホビット」公開を機に、皆でサウンドトラックを演奏しちゃおう、という夢のような企画。

思えば、ロンドンでハワード・ショア指揮の演奏会を聴いたときに(その時の模様はこちらのエントリーをどうぞ)、日本でも愛のある演奏会が行われたら良いのに…とずっと思っていたのですが、まさか実現してくださる方がいたとは!感謝、感謝です!!

鑑賞はもちろんのこと、たぶん、いまなら演奏参加もまだ間に合うんじゃないでしょうか(2月10日に最終打ち合わせがあるそうです)。演奏ができる、歌がうたえる、皿回しができる、忍びの技がある等々、一発芸をお持ちの方、気になる方は、主催者のHPから問い合わせてみてはいかがでしょうか。(ここをクリックするとコンサートのHPに飛びます)。個人的には、バスの方が大勢集まって、いきなり立ち上がって「霧のぉ〜」と歌ってくださると嬉しいんですけど。

あ、大ホールなので、13人超えでも大丈夫だと思います。飛びトロルもたないでください。剣や弓矢は置いてきてください。駐馬場はございません。あしからずご了承ください。ヘラジカもダメです。

日時 2013年2月23日(土)18時開場、19時開演〜20時(終演予定)
場所 所沢ミューズ(埼玉)。会場はこんな場所です。(クリックするとミューズのHPに飛びます)
入場無料です。

posted by 銀の匙 at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台/パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする