2013年12月01日

RED リターンズ

ポーランド映画祭を観ようと思ってた日曜日、予定の時間には家を出られなくなってしまい、ハタと考えました。そうだ、今日は映画の日!1000円ならアホ映画(失礼!)でも惜しくない!

という訳で、さっそくネットで予約を入れて、行ってみました『RED リターンズ』。全然期待してませんでしたが、期待以上。いやー、痛快痛快。アクションものはこうじゃないとね〜。

豪華キャストは伊達じゃなく、主役のブルース・ウィリスがヒーロー役にはまってるのは当然として、ジョン・マルコビッチ(上映中は、この俳優さん上手いけど知らないなーと思っていた)、アンソニー・ホプキンズ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズなど豪華キャストをふんだんに使用。出演料だけで伊勢丹がビルごと買えそうです。一歩間違えばただの顔見世公演になりそうなところ、演技の上手さか脚本の妙か、全員、がっつりキャラが立ってます。

特にすごかったのがヘレン・ミレン。登場するとなぜかバックにヘビメタが流れ、チョウ・ユンファも真っ青の二丁拳銃と暴れん坊クールなお仕事ぶり、さすがシェイクスピア女優! 最後はヘレン女王様のドライバー役に成り下がってしまいましたが、イ・ビョンホンのドヤ顔も良い味だしてました。

こうなりますと、前作を見てないのが悔やまれますが、見てなくても困らないあたりがアクション大作のいいところ。ラストを見ると、なぁんだ、別にこの程度なら最初からふっ飛ばしちゃえばよかったじゃん…とつい思ってしまいますが、まぁその辺は何ですよ、80年代に比べると武器もデフレかもですからね。

ということで、お正月に楽しく映画を観たいなら絶対におススメします。あ、かなりバタバタ人が死にますので、その辺は1つよろしく…。

posted by 銀の匙 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする