2016年02月11日

エンキ・ビラル/IN BOX

s-エンキビラル.jpg
フライヤーより

実はこれまでシャネルのお店に入ったことがなかった私。

扉の脇に狛犬係の人が立ってて、入りにくいったらありゃしない。買わない人に入って欲しくないなら、ギャラリーなんか作らなきゃいいのに…って、それが嫌なら行かなきゃいいんですが、それでもエンキ・ビラルが見たいんだからしょうがない。

でも結局のところ、不景気を反映してか、こういう小規模な展示をしてくれる場所がないだけに、服飾ブランドが社会的貢献としてこういう催しを主催してくれるのは本当にありがたいことです。

都内だけでも、ここ数ヶ月でエルメスがフランスの若手芸術家の作品を紹介していたし、フランク・ゲーリー展なんて、有料展よりルイ・ヴィトンでの展示の方が数段良かったし。文化国家フランスをアピールし、ブランドイメージを高めるだけでなく、将来にわたっても大きな波及効果があると思います。

と、エラそーに書いてみたけど、どこをどう間違ってもブランド店には縁がないようにしか見えないはずですので気後れしつつ、ここは、無い勇気を振り絞り、幸いフライヤーを持っていたのでなんとなくそれを魔よけの札みたいにかざして、お店に入ってみました。

展示会場は思ったより広く、数分置きに電気が消える演出になっていました。壁にはずらりとビラルの絵。ひと目で彼の作品だと分かる、特徴的な青を使っています。

これが絵画か、といわれると答えに窮しますが、かといってイラストかと言われるとそうでもない作品。

本人へのインタビュー映像の前には、彼のバンド・デシネ(フレンチ・コミック)作品も置いてありました。彼のバンド・デシネ作品はまあまあ好き…程度ですが、映画『バンカー・パレス・ホテル』は面白かったし(メモ程度ですが、感想は→こちら)、カラー作品の色遣いには独特の個性があります。

ビラルは旧ユーゴスラビアの出身とはいえ、10歳のころからフランスで暮らしているそうなので、フランスの作家、と言ってもかまわないと思うのですが、それでもやはり彼の作品にはルーツの文化が色濃く反映されているように思えます。振り払っても払いきれないその翳りは、何の予備知識もなく見ていた頃さえ、眺めるこちらに乗り移ってくるかのようでした。

肉筆画が見られるこの機会に、ぜひ一度ご覧になってみてください。
会期後、新宿でも巡回展があります。

シャネル銀座
2016年2月14日まで
公式ホームページは→こちら

なお、この展覧会の巡回+αの姉妹展「エンキ・ビラル/OUTBOX」が
新オープンの新宿駅のルミネ ゼロにて開催予定。
入場無料です。

2016年3月25日 - 4月6日
11:00〜20:00
公式HPは→こちら


posted by 銀の匙 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

第19回 文化庁メディア芸術祭

ほとんど毎年のように観にいく文化庁メディア芸術祭。
今年もアート、エンタメ、アニメ、マンガの4部門の受賞作品展がつつがなく開催されました。

これまでに比べると、大掛かりな作品やインタラクションのある作品が減ったような印象を受けますが、アマチュアっぽい雰囲気を残した作品が選ばれていて、それはそれで面白かったです。

平和を訴える作品が目立ったのも特徴的でした。

個人的に興味を惹かれた作品は、後で説明を見るとどうも新人賞受賞作が多かったみたい。今後も期待できそうですね。

算道/山本一彰
s-IMG_8104.jpg
これ、アート…? まあ、確かに見た目にも面白いですけど。

将棋のような感じでアナログ的に操作すると遅く見えますが、2次元の計算を3次元に展開しているので、機械で処理できるようになったらかなりスゴイんじゃないかと思う。

Non-Working City/HobTingfung
s-IMG_8113.jpg
マンガ部門で一番目を惹いたのはこの作品。台北のどこかにある、働かなくていいエリアというところに迷いこんだ二人のお話だそうです。

たましい いっぱい/おくやま ゆか
s-IMG_8119.jpg
マンガ部門ではこれも面白かった。

The Sound of empty space/Adam BASANTA
s-IMG_8101.jpg
今回、インスタレーションで面白いと思ったのはこれ。

2.5次元マスク/くわがた 他
s-IMG_8124.jpg
紙工作なんですが、結構みんな注目していました。自分の顔で試せる、という参加型(?)の作品だったからじゃないでしょうか。今年はそういうインタラクションのある出品が少なかったので。

Deux Amis (Two Friends)/Natalia CHERNYSHEVA
s-IMG_8129.jpg
ロシアの新人作家さんだそうです。シンプルだけどとても洒落た作品でした。お話も「童話らしい」ちょっと残酷なところがあるのが本格的。

2016.2.3〜2.14 六本木 国立新美術館(六本木)
公式HPは→こちら 
posted by 銀の匙 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

放浪の画家・ピロスマニ(ストーリーに触れています)

s-IMG_8071.jpg
(画集の表紙)

ジョージア(元グルジア)の画家、ニコ・ピロスマニについての映画。

この画家のことは、セルゲイ・パラジャーノフ監督の『ピロスマニのアラベスク』という作品で知りました。人々の生活や牛、ロバなどの家畜、宗教儀式、伝統など幅広い題材を描きながらも、どこかイコンを思わせる静謐な画風の画家です。

映画は、極端なまでに様式化され、切り詰めた表現で、彼の半生を語ります。風景も、人々の様子も、構図も、全てが彼の画の中から抜け出してきたようです。

セリフも少なく、キャンバスの中に物語を見るように、何が起きているかはある程度、観る人が補わなければなりません。その余白の多さがまた、束縛を嫌ったピロスマニの生き方に合致しているようにも思えます。

両親を早くに亡くして、親戚の家に世話になっていたピロスマニ。冒頭のシーンは、彼の朗読から始まります。イエスが弟子に命じてロバと子ロバを引いてこさせ、その背に上着を敷いてまたがり、エルサレムの門をくぐると、人々は口々に、あの方はどなただろう、と噂し合う、という聖書の一節です。

続くシーンでは、美しい調度に囲まれた部屋のソファの上で、高価そうな衣装に身を包んだ若い女性が泣いています。どうやらピロスマニは、引き取ってもらって姉弟のように可愛がってもらったその娘に恋してしまい、家を出る羽目になったようです。

それから町に出て、鉄道関係の仕事をして小金を貯め、友人と一緒にミルクやバター、ハチミツなどを商う店を始めます。

その店は粗末な木造の小屋ですが、入り口にはピロスマニの描いた牛の絵を掲げ、それがロケーションや素朴な店の造りにとてもよく合っていて、美しさに溜息が出ます。

s-ピロスマニ.jpg

買い物に来る人たちも、身なりは素朴ですが、風景や店にマッチした独特の美しさがあります。

ピロスマニはその後、姉夫婦のせいで損をして(というほどでもないですが)、商売をやめ、町の居酒屋の壁に画を描いては酒や食事をふるまってもらうという生活をしています。

作品をたまたま見かけた画家が気に入り、彼の絵を買い画壇に推すものの、素人絵画だとけなす批評が新聞に出て、町の人からも冷たくあしらわれるようになってしまう。

彼はそれでも、自分は描きたい絵を描くと宣言しますが、失意は誰に目にも明らかでした。

復活祭の日、貧窮し、衰弱する彼の元へ御者が現れます。狭苦しいさしかけ部屋のような場所に転がっているピロスマニを見て、何をしているんだ、とたずねると、彼は「死ぬところだ」と答えます。御者は、「何を言っているんだ、今日は復活祭だよ」というと、彼を援け起こし、馬車に乗せます。

石畳の道を、彼一人を乗せた、幌のない馬車が進んでいきます。冒頭の朗読を思い起こさせるこのシーンで、映画は終わります。

強いていえば…出てくる人出てくる人、みんなヒゲおじさんで見分けがつかなかったんですけど初心者には(爆)、派手なストーリー展開も豪華なセットも全くないのに、全編、この素朴で調和の取れた画面が素晴らしく、微動だにせず見入ってしまう映画です。

ギオルギ・シェンゲラヤ監督
グルジア語版による再上映。

UPLINK渋谷で見ました。
割合大きめの部屋での上映で、予約もできて
ありがたかったです。
この映画館は、美容師さん割引や
バースデー割引(月に関係なく、誕生日に割引)など、
各種割引制度があり、定価で観る人いるのだろうかと疑問に思うほどです。
実験的な映画も臆せず上映する志の高い映画館。
学割以外はそんなに安くしなくてもいいから、
映画ファンのために、いついつまでも頑張って欲しいです。

そのほかの映画に関するエントリーは→こちらから、
フェイバリット映画100のリストは→こちら です。


posted by 銀の匙 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

カメラよカメラ、中国でいちばん美しいのは誰?(resized)

*写真サイズを訂正しました。

中国のお正月(春節)は旧暦で今年は2月8日とのこと。

この時期、映画館ではお正月映画が封切られます。昔はやっつけで作ったようなコメディが多い印象だったんだけど、最近は大作が上映されるようですね。

2016年お正月映画の話題作といえば《西遊記 三打白骨精》。ウィリアム・フォンが三蔵法師、というのは良いとして、コン・リーが「白骨精」の役って何なんだろう…しかも、往年の香港四大天王の一人、アーロン・クォックが「孫悟空」だというじゃありませんか。

昔なら、当然アーロンが三蔵法師だったでしょうに。いつまでも青年っぽかった彼も、ついに青年の座を次の世代に明け渡すことになろうとは。時の経つのは早いものよのぉ。でも、次の世代と言ったって、ウィリアム・フォンももう30代後半。

中国で三蔵法師といえば美男子の代名詞なので(→テレビドラマ「蘭陵王」第7話の3参照)、キャスティングの発表があったときは中国で結構話題になってましたが、封切り近くなったら却ってあまり話題も聞かないし、予告はまたまた例によって品の悪いCGシーンばっかりだし、皆の期待するイメージと違ったのかな、と久しぶりにウィリアム・フォンさんの微博(中国のツィッターみたいなもの)でもチェックするかと思って開けたらビックリ。

あなた様は、いったいどなた?
s-weibo1.jpg

(ご本人さまの微博 http://www.weibo.com/fengshaofeng)
から。本当は写真じゃなくてリンクだけ貼ろうと思ってたんですが、数日経つと流れていってしまうので、やむを得ず...。以下同です)

これ、最近の写真ですよね? 年齢不詳なんですけど、とりあえず37歳には見えませんね。
紗がかかってこうなってるのかと思ったら、普通に撮ったらしいのも大して変わりません。

s-weibo.jpg

さすがは役者さん…。「西遊記」のプロモーションのときの写真のようですが、この髪型やメイクは何か別の新しい作品用なのでしょうか。こういう雰囲気も出せるんですね。

ともあれ、なんだかんだ言って中華第一美男の称号はダテじゃない。

美男子の神様といえば二郎神君、美男子の武将といえば蘭陵王、美男子のお坊さんといえば三蔵法師と、中華世界の代表的な美男子三人をコンプリートした実績は侮れませんなー。

でも、一番上、自撮りでこういう写真って…。

おっほん、綺麗な人のやることは凡人には分かりませんからこれ以上は追及しませんけど、
肝心の三蔵法師はこんな感じに仕上がっているようです。
s-sandabaigujing.jpg

ポスターは加工されてますが、
「ナシとリンゴどっち」
「てんびん座だから選ばない」
とセリフが足してあります。

なるほど、白骨精っていうのは美女なのね。まさかコン・リーがガイコツ役のはずないもんね…。

しかし、季節柄、気になったのは《西遊記》の方じゃなくて、新作ドラマの《幻城》の方でした。これは全50回もあるファンタジー作品だそうで、主演のウィリアム・フォンは氷の国の王子、卡索の役。寒そうなコスチュームなのに、放映は夏になるらしい。

夏にはSF映画『三体』も公開だそうで、相変わらず忙しそうですね。この作品、原作の方は権威あるヒューゴー賞の長編小説賞を受賞しました(何を隠そう、私にも投票権があった…)。

ヒューゴー賞長編小説部門の過去の受賞者はベスター、ライリー、ハインライン、ディック、ル=グウィン、ニーブン、クラーク、ウィリスと錚々たるメンバー。ここに入るとは相当なもんです。

『幻城』の方は、『ロード・オブ・ザ・リング』でアートディレクターを務めたダン・ヘナーがスタッフに入っているそうで、だからでしょうか、この造型が非常に何かに似ている気がするのですが…。

動いているのはこんなふう( いちおう公式らしい動画 http://www.iqiyi.com/w_19rtnjfif1.html?source=www.weibo.com )

s-huanchengkasuo2.jpg
(携帯で見てみたら、写真がすごくちっちゃくなってますね、すみません…。でもこれ以上大きくするとPCで見たときかな〜り怖い…。携帯のときはクリックしたら少しだけ大きくなるようにしておきます)

これはいくらなんでも加工しすぎなんじゃ?と思ったら、メイキングの写真も出てました。こっちの方は割と自然。

s-kasuo2.jpg
(こちらはテレビドラマ《幻城》の微博 http://www.weibo.com/u/5508883902?refer_flag=1001600001_&is_hot=1)

他のキャストも、弟役の馬天宇とかヒロインの宋茜(ビクトリア)とか、男女とも綺麗な人ばかり。
ゲームみたいなファンタジー作品になったら嫌だけど、でも、動いたらどうなるか、見てみたいものです。

ともあれ、ファンの皆様には旧聞に属することかと思います。
お正月向けとは言え、内容の薄いエントリーで失礼しました…。
「蘭陵王」第16話の記事は、やる気をチャージ中のため、もう少々お待ちください…。
最初からお読みになりたい方は、「蘭陵王」のカテゴリー→こちら からどうぞ。
posted by 銀の匙 at 02:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 蘭陵王(テレビドラマ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

マッド・マックス 怒りのデス・ロード(表示以降 ネタバレ)

2015年のナンバーワンは、やはりこの作品で決まりですかね。
終わったかなと思ったら再上映を繰り返して、2016年2月5日まではTOHOシネマズ新宿、六本木ほかで上映しています。

*2016年2月末、4D上映も復活! 通常館のリバイバル上映もある模様。未見の方、ロスに苦しんでいる方、お近くでやっていないかチェックしましょう!

見逃していた方もぜひ観ましょう! 絶対後悔させません!
入場料を2倍払ってもお釣りが来ます!

原題の Mad Max:Fury Road を「怒りのデス・ロード」に変換した辺りからもうタダもんじゃねえ感ありあり。

アホもここまでやればご立派、てな作品なのかと思っていたら、そんな甘いもんじゃなかった。とにかくもう、すべてのシーンがすがすがしいほどバカ丸出しで、でも、物語の中では全員がどシリアスという、『300』路線のさらに斜め上を行ってる映画です。

この手の映画を見慣れないせいか、設定からデザインから着てるもんから動作まで、すごく細かいところも全ての要素が激しくオリジナルな世界観でとっても新鮮だったんですけど、カスタムカーとかが趣味の皆様には普通の光景なのかしら??

でもいくら魔改造といっても、後部座席にギター男を乗せてるってのは聞いたことないけど…。

こんな映画でもストーリーというのは一応あり、「北斗の拳」みたいな荒廃した世界(ってきっとマッドマックスがオリジナルで「北斗の拳」の方が後追いなんだろうけど)の、ある谷間の砦で、水と食料を独占して君臨する「イモータン・ジョー」の元から、イイ女6人が逃げ出そうとする、というのが基本線。

主人公のマックスは至ってマトモな人で、何で「狂気の」マックスっていうのか、前作を全然知らない私にはさっぱり分かりませんでしたが、彼を捕まえて砦につないでいた「ジョー」の手下ども(ウォー・ボーイズ)っていうのが本気でイカれており、さらには、彼らに加勢する連中だの、敵対する連中だの、とにかく全員イカレています。

他の形容詞を忘れてしまいそうなほど乱暴でイカレた連中しか出て来ませんが、描写は基本「アクション」の枠に収まっており、残忍だとか生理的にダメだとかって感じがしないのが救いです。(メタボがキライとかヘビメタが我慢ならない、とかいうメタ関係にアレルギーのある場合を除く)

出てくる男は全てダメダメで、女はイケてるのが一体誰の機嫌を取りたいんだか非常にナゾですが、だからたぶん女性が見ても腹は立たないでしょう。

刀折れ矢尽きても、何とか女たちを守ろうとするシャーリーズ・フュリオサ・セロンお姉様の傍らで、前半は特にウォー・ボーイズの輸血袋代わりに使われて、自分ひとりスタコラ逃げようとするマックスの不甲斐なさがやたらと強調されているのですが、後半も引き続き、過度にイイ人にならずに推移するところに非常に好感が持てます。

音楽もご機嫌で、こんなとんでもない映画なのに、2時間楽しく過ごせるでしょう。
劇場鑑賞が間に合う方は、お早めに。

それにしても、血液型がこんなに重要だったなんて…。

以下、ネタバレです。



====================
最初のワンシーンから開いた口がふさがらない、こんなトンデモない話のくせに、最後がハッピーエンドだというのが一番口あんぐりでしたよ。

逃げる側、追う側とも多大な犠牲を出して、全員ズタボロで、一筋の希望を胸に女たちが目指した緑の地は、今や見る影もなくなっている…呆然と立ち尽くすフュリオサお姉様の後ろ姿。それでも気を取り直し、未知の世界へ向かおうとする女気溢れるお姉様。

さすがフロンティア精神のある人たちは違うね(ってこれはオーストラリア映画だったっけ?)、お姉様、私もついていきます!と感動してたら、そこであまりこれまで役に立ってたとも思えないマックスが、砦に戻ろうと言い出す。

「狂気の」マックスってこれか〜! とハタと膝を叩いてしまいました私。だって、逃げるだけでもこんな酷い目に遭ったのに、帰ろうなんて正気の沙汰じゃない。

しかし、フュリオサお姉様はしばし黙考のあと、ファイト!一発!とばかりにマックスと握手する。…お姉様がいらっしゃるなら、私もついて行きます!

そこから後の展開が滅茶苦茶で、もう何がなんだか分かりませんでした。分かる必要全くないですが、いい意味で。

でも、終わり良ければ全ていいのだ!

久々に、この面白さは文字には出来ないな〜と思った快作でした。


ギンレイホール(飯田橋)で観ました。
昔ながらの入れ替えなし制、複数本立て。
作品セレクションの評価が高く、
たまたま見た併映作品が面白かったという声がよく聞かれます。
posted by 銀の匙 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする