2016年10月24日

スター・トレック Beyond (ネタバレなし)

この秋の目玉はコレでしょう! と思って観に行きましたところ、期待にたがわず滅茶苦茶でした。

いくらBeyondだからって、Beyond過ぎ(むしろ「彼岸過迄」)。

そりゃそうですよね、(自分的に)口あんぐりランキング堂々第2位の『ワイルド・スピード』の監督さんだもの、当然3位もイタダキです(ちなみに、第1位は『マッド・マックス』)。

予告がこんなん(→ https://www.youtube.com/watch?v=IVoN9lT1AqQ )だったんで、あらまジャスティン・リン監督も大人になったのね(?)、ずいぶんシンミリした話になったこと、と思っていたら、もちろん違いました。

むしろ、こっちの予告の方が映画全体のイメージに近いです
(なぜ隠す・笑)

https://www.youtube.com/watch?v=XRVD32rnzOw

前後にそれらしいストーリーをくっつけて艤装していますが、この弾けっぷり、もはや、スター・トレックでもないし、SFですらありません(笑)。

じゃあ何かっていうと、まあ…エンタープライズ号を使った『ワイルド・スピード』かな。

アメリカでは映画館の3面を使って上映するマルチ・スクリーン版

https://www.youtube.com/watch?v=lDWIc4MGirE

というのもあるそうで、なるほどピッタリ。日本でも観てみたいなあ...。

話は3行どころか30字にまとめてもネタバレになりそうなんで、やめておきますが、1つだけ。

お姉さん、なんで英語がしゃべれるの?
 →家で勉強した 

ってふざけんなあああっ! どうして学校で10年英語を勉強した日本人より上手いのよおっ!と映画館で暴れそうになったけど、これが重要な(唯一の?)伏線だったのかなあ...と1週間経ってから気がつく私にSF映画を語る資格があるのでしょうか。

いや、ない。

とっちらかった感想になりましたが、強力におススメです。
予算の許す限り、デカい! 飛び出す! 劇場で観ましょう。

今回、全編にわたって活躍したアントン・イェルチンを偲びつつ。

posted by 銀の匙 at 08:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする