2013年05月25日

貴婦人と一角獣/カリフォルニア デザイン

一角獣.jpg
中世ものが大好きなので、ずっと憧れているフランスのクリュニー中世美術館。行きたい、でも行けない(うぅ…)

と、そんなある日曜日、そんな私の目の前に、赤い紙袋を差し出す人が!
「…コレ、なんですか」
「無料でお配りしております」
「あぅ、ありがとうございます。ところでコレはなんですか」
「今度、六本木で展覧会をやるんですよ。その宣伝なんです」

ふーん、こりゃまた洒落た宣伝だこと。
紙袋に印刷された赤地に織られた貴婦人とユニコーンのモチーフ、これは有名なタペストリーの柄です。紙袋をよく見ると、国立新美術館でこのタペストリーの展覧会をやるらしい。って、そんなミイラの展示じゃあるまいし、幾ら貴重な美術品といっても壁掛け1枚を見に六本木まで行くのはちょっと…と迷いつつ、でもこれはクリュニー美術館の所蔵品だから、いくらなんでも他の展示品もちょっとは来るだろう…と、会場のHPにアクセスしてみると、
http://www.lady-unicorn.jp/
なかなか面白そうなので行ってみることにしました。

このタピストリーについてはおぼろげな図像のイメージしか持っていなかったので、展示をみて初めて、これが6枚で1つの作品になっていること、1つ1つのタピストリーの図案にはそれぞれ寓意が込められていること、を知り、大変興味を惹かれました。

この作品は、描かれた人物の服装や髪形、文様のスタイルから、1500年ころ、ゴシックの末期に織られたものとされています。注文主ははっきりとは分かっておらず、画面に描かれている紋章から、ブルターニュ地方のアルシー城の城主、ル・ヴィスト家と推定されています。

展示はこのタピストリーを6面にぐるりと配したスペースと、関連する展示品を集めたスペースとに分かれていますが、軽く仕切られているだけなので、タピストリーを見た後、展示品と説明を読み、また気になるタペストリーを眺める、という鑑賞の仕方ができる、よく考えられた構成になっています。

タピストリーは見上げるような大きさで、そのうちの5枚は視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚の5つを表すと考えられています。絵柄をよく見ると、楽器や花の匂いを嗅いでいるサルなど、五感を象徴する事物が描きこまれています。中世にはこのように、寓意を表す美術品がいろいろと作られたらしく、展示にも類例が挙げられていました。

タペストリーの制作年代を推定する決めてとなった、当時の服装や流行の図像スタイルについても、紹介の展示があります。この時代のファッションはスレンダーで、華美ではないのですが凝っており、今取り入れたらカッコいいだろうなぁというような意匠にも惹かれてしまいます。

タピストリーの地紋に描かれた草花や動物を紹介するコーナーもあります。図柄の背景には、空にあたる部分にも、大地にあたる部分にも、千花文様(ミル・フルール)と呼ばれる色とりどりの植物が所狭しと敷き詰められており、それがタペストリーを豪華に見せています。また、ウサギやキツネ、鳥など一角獣以外のちいさな動物も画面のあちこちにちりばめられており、見ていて飽きません。おそらく主題同様、装飾という以外にも、たとえば豊饒とか、何らかの寓意があるのでしょう。

五感を表すタピストリーは図柄だけですが、最後の1枚には文字が書かれています。野に立っている他の5枚と異なり、人物は豪華な幔幕を背にしており、その上部に「Mon seul désir 我が唯一の望み」と記されています。

我が唯一の望み…。

謎めいた言葉です。これが何を意味するかについては定説がなく、五感に続くものとして第六感を表すのであろうとか、中世当時の考え方から推して、愛を意味するのであろうとか、いろいろな説があるようです。

六本木国立新美術館のワンフロアを半分くらい使った展示で、それほど大規模ではありませんでしたが、細部までじっくり分析した展示が面白く、会場を出たら2時間近く経っていました。図録もとてもよくできていて、読み応えがあります。
IMG_5167.JPG
冒頭に、このタピストリーに触発された他作品についての言及があるのですが、そこで挙げられていたのは
「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」。ファースト・ガンダム(本放送で見ましたとも!)以降見てないので、へぇこんな作品あるんだ?というのがまず驚きでしたが、紹介を読むと、タピストリー―の寓意をうまく設定に使っているらしい。長い話みたいですけど、ちょっと見てみたくなりました。いまどきの学芸員さんは、サブカルもちゃんと押さえているんですね。っていうか、まさかUC見てこの展覧会を企画したんじゃ…?ってそんなことないか。

カリフォルニアデザイン

モダンデザイン.jpg
ついでというと語弊がありますが、下のフロアでは「カリフォルニア・デザイン1930-1965」の展示があり、そちらも覗いてみました。先ほどの展示の半券をもっていたのでお安く入れて有難いことです。
IMG_5170.JPG
住宅から水着まで、職人的な技と工業デザインがちょうどいい具合にかみ合っていた時代のデザインはスタイリッシュな中にも手仕事のぬくもりが感じられ、また、カリフォルニアの気候も反映されているのか明るい色遣いのものが目立ちました。映像展示も交えてイームズ夫妻が大きく取り上げられていましたが、何と言っても魅力的だったのは、入口近くのキャンピング・カー。銀色に輝く丸まっこいボディにキッチン、ベッド、リビング、シャワー施設も組み込んだコンパクトなデザインでとってもオシャレでした。これ、カリフォルニアからわざわざ運んできたんですか、と展示の横にいる人に尋ねたら、日本人が買い取ったものなんだとか。確かに日本人好みかも。いいなぁ〜!
IMG_5168.JPG
見学に訪れる生徒さん向けなのか、一人一部のみ、ということで無料のミニ冊子が用意されていました。半透明の表紙から透けて見える図柄が何パターンもあって、さんざん迷ったあげく地味なのをチョイス(…)。こんなおまけ(?)も楽しめる展覧会、ぜひお出かけください!

2014年7月15日まで(一角獣)
2013年6月3日まで(カリフォルニア)
 国立新美術館(六本木)


posted by 銀の匙 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック