2016年01月16日

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(表記以降、若干ネタバレ気味)

ボケっとしてたら『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』が上映終了寸前になっており、慌てて名画系の映画館に駆けつけました。人気作だから2本立ての2本目からは入れないんじゃないかという情報を得て、あまり乗り気がしなかった、1本目に上映された表題映画を観る羽目に。

そしたら、結構面白かったです、これが。

前作の『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』も、大変面白かったんですが、基本、アクション(とトム・クルーズ)で魅せるシリーズなので、どうせ同じような映画だろうし、わざわざ観にいくことないかな〜って思ってパスしていました。

しかも、このシリーズのもう一つの見せ場である、スパイグッズというかガジェットも、いまや現実世界の方が追い越してる印象があります。

『ゴースト...』のときは辛うじて先進的な小道具だった顔認識システムも、いまやコンビニや書店レベルで実装されてる始末。好むと好まざるとにかかわらず、もはや東京中がミッション:インポッシブル状態なのであります。

加えて、現実に紛争の相手がもはや国単位じゃなかったりとか、イギリスの諜報機関が公募制で採用試験をするっていうご時勢で、「スパイもの」ってカテゴリー自体に今や激しくムリがあり、しかも、前作でクレムリン壊しちゃった上にハリウッド映画大好きなロシアは良いお客さんだし、中国の観客はこのシリーズ大好きで出資もしてるし、ってことになると、どこをスパイ先に設定すればスポンサー(?)を怒らせないか&話がホントらしくなるのか実に悩ましい。

と、製作陣に成り代わりまして心配しておりましたが、なんと意外な国の名前が…。

ってことで、物語の主な舞台をヨーロッパに設定して展開します本作、冒頭のアンビリーバボーなアクションシーンからラストまで、一瞬たりとも飽きさせません。お近くで上映してましたら、ぜひ、ご覧ください!

以下、ややネタバレです。

===========



ということで、いろんな大人の事情が絡み合い、なかなか対決相手の設定が難しそうな本作でしたが、まさか
1回転半してイギリスとは…! はっはっは、こりゃユカイ。

もちろん、イギリスそのものが敵ということではなく、主人公イーサン・ハントが属するスパイ組織・IMFこそが、「シンジケート」なる偽スパイ集団をでっち上げた自作自演の問題組織と断罪され、解散させられそうになるというのが映画の大筋。

そして見所といったら、新ヒロインのレベッカ・不二子・ファーガソンに尽きるでしょう!

敵方の人間のように見えながら、イーサンが絶体絶命の危機になると、なぜか救いの手を差し伸べるナゾの美女イルサを演じます。アクションシーンもスゴイのですが、何しろイギリス人スパイの役なので、クイーンズイングリッシュが素敵すぎる!…と思ったらこの方、スウェーデン人なんですね。

最後は絶対イーサン・ハントが勝つんだから、ストーリーに意外性はゼロのはずなんですが、それでも不可能と思われるミッションをどうクリアするのか、結構、手に汗握って鑑賞してしまいます。

国家組織に属していようと、ならず者集団に属していようと、結局、構成員は使い捨てのコマ。相手を倒したつもりでも、またそれに代わる人物が必ず現れる、と言うイルサ。現実世界の出来事と重ねてみると、「ローグ・ネイション」(ならず者国家)というサブタイトルも皮肉たっぷり。

アクション、脚本、配役の妙に、大人の事情ならぬ大人のエスプリが効いた、なかなか魅せる作品です。

クリストファー・マッカリー監督

ギンレイホール(飯田橋)で観ました。
音がよく、アットホームな雰囲気の劇場です。
前後の人と席が互い違いになっているので見やすいです。
スクリーンはそれほど大きくありませんが、
後ろから3,4列目でもよく見えます。
posted by 銀の匙 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック