2016年09月19日

Sparrows(Þrestir)

sparrow1.jpg
飛行機でたまたま目にした、2015年のアイスランド・アカデミー賞ノミネート作品。

この映画を観られただけでも、遠路はるばるやってきた甲斐がありました。
オープニング画面↑が現れた瞬間から、もうこの作品の虜です。

お話自体は、母親と暮らしていた16歳のAri(Atli Oskar Fjalarsson)が、6年も会っていなかった父や祖母と暮らすことになり、一歩大人に近づくところまでを静かな筆致で描いたもの。

s-sparrows3.jpg

ストーリーにさほど大きな起伏はないのですが、飲んだくれのダメ男である父の不器用な愛情表現や、Ariと彼を取り巻く人々とのやりとりが、繊細に綴られていきます。

映画の中で大きな役割を果たすのは、アイスランドの風景です。

物語の舞台になっている場所は西部フィヨルド地方だそうで、人口の少ないアイスランドの中でもさらに訪れる人の少ない、隔絶された地域という印象のある場所です…と言っても、外国人の目から見ると、いかにもアイスランドらしい景色だなあ、くらいな感じですが…。

ふつうの生活を題材にしながら、その国らしさを感じさせるというのは意外に難しいのではないかと思いますが、特に観光名所が映るわけでもないのに、画面の隅々からアイスランドらしさを感じるのも、この映画の魅力の1つかと思います。

エンドロールにエキストラの人たち全員(?)の名前が出てくるのも、手作り感というか、アイスランドらしい感じがするなあ、と思いました。

もう1つの大きな魅力は音楽です。

冒頭、Ariは聖歌隊のクリスマスコンサートで歌っていて、それがTV中継されたのを家族みんなが誇らしく思っているのが伺われます。

sparrow2.jpg

この曲に限らず、全編を素晴らしい音楽が彩っており、いったい誰の曲だろう、とまたもエンドロールを必死に見つめてしまいました。アイスランドの現代音楽の作曲家、故Magnús Blöndal Jóhannssonと、シガーロスのキーボーディストだったキャルタン・スヴェイソン(Kjartan Sveinsson)の曲が使われているようです。

冒頭の聖歌を含む予告編をこちら↓から観ることができます。
映画の雰囲気をよく伝える、秀逸な予告編だと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=bvNw3WqecEo

世界の映画祭でも賞を獲っているようなので、そのうち日本でも上映してくれるのを心待ちにしています。

Rúnar Rúnarsson監督作品

公式HPはこちら→ http://nimbusfilm.dk/film/sparrows/
posted by 銀の匙 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック