2016年11月29日

神水の中のナイフ

白い服を着た人たちが画面の中を横切っていきます。
白は中国では喪の色。

元からか、中国に住んでるからなのかは分かりませんが、この映画の主役である、回族(イスラム教を信奉する少数民族)の人たちにとっても白は喪の色であるらしく、つまり、埋葬のシーンから映画が始まります。

法要をどうするかで、故人の夫である老人と息子とが話をしています。四十日の法要というのを盛大に行う習慣らしく、息子は老牛を犠牲として捧げるという提案をします。老人の方は迷うところがあるらしく、老いて耕作にも向かなくなった老牛を、ためつすがめつしています。

牛は牛で何かを察知したらしく、餌を受け付けなくなります。老人は、宗教指導者のところへ行き、清水の中にナイフを見、自ら清浄を保った奇跡の牛の話を引き合いに出して、老牛を見に来るように話しますが、指導者の方は興味は示すものの、牛をさらに高い目的のために使うのだから、良いことなのだと父親を諭します。

遺品としてスカーフをもらった嫁や、故人に貸した5元を返してもらった知人など、独り言のような切れ切れのエピソードがぽつんぽつんと点描され、映画は寂寥感を深めていきます。

そこに映し出されるのは、水も食料も十分になく、最低限の物資での生活です。

それでも、家々は清潔に整えられ、貴重な水で老人は丁寧に沐浴を行います。確かに貧しい生活ですが、どこか清々しいものを感じさせます。

そして法要を前に、老人は町の市場へ行くと言いおいて、独り出かけます。雪を頂いたいくつもの盛り土が連なる場所で、彼はじっと佇んだまま…。

                     *

上映のあと、プロデューサーによるティーチ・インが行われました。

かろうじてコーランの朗誦が、やや音楽的ではあるものの、まったくBGMのないこの映画、正直、静謐すぎて気が遠くなる瞬間もあったのですが(…)、監督もオーケストラ曲を起用しようとしたものの、結局やめてしまったそうです。

正方形に近い4:3の画角にしたのは、クラシックな雰囲気を出したかったということに加えて、主人公の心の動きに集中してもらいたいという意図があったとのこと。

主人公が寡黙なのもきっと同様の意図によるのでしょうが、主人公を演じた人は実は真逆の明るい性格で、なんと外国へ行ったこともあるのだとか。彼を含め、全員が地元の素人の人たちだとは信じられないほどの自然な演技でしたが、この地で実際に生活している人たちが出演することで、映画がよりいっそう風土に結びついて感じられました。

監督は漢民族の人で、大学で回族のクラスメートに勧められてこの作品を撮ったとのことですが、原作小説の舞台になった、寧夏回族自治区の西海固に強いこだわりがあったそうで、人も含めた風土を写しとりたかったのでしょう。

回族の人たちは、いわゆる色目人(しきもくじん・マルコ・ポーロの『東方見聞録』とかに出てきましたよね)の末裔だということですが、ウイグル族とは違い、外観は漢民族と特に変わりません。しかし彼らは700年にわたって伝統を守り、イスラム教の教義に則って暮らしています。

劇中、主人公の老人が、天井から吊るした甕から滴り落ちる水で丁寧に沐浴する場面が描かれていて(まさかサービスカットじゃないよね?と思ってしまった・笑)、水が貴重だということを説明するにしてはずいぶん儀式的だと思ったら、イスラム教では大切な行為だったのですね。

プロデューサーも、実は漢民族の間でも、昔は目上の人に会う前にきちんと沐浴をしていました、と説明してくれました。日本でいう禊に近いイメージでしょうか。

それに加え、映画では雨や雪のシーンが結構重要なところで登場するので、砂漠のように見えて実際はかなり降るんだなと思ったら、実はほとんどの年が干ばつに見舞われていて、国際連合世界食糧計画によれば、地球上で最も人類が生存するのに適さない地と認定されているところなのだとか。

そうした、すべてがそぎ落とされた環境の中だからこそ、人間と動物、生と死とが、より近しく感じられるのかも知れません。

                        
                     *   
東京フィルメックス映画祭で見ました。
この映画祭はいつもユニークで心に残る作品を上映してくれるので、楽しみにしています。今年は時間の関係で2本しか見られませんでしたが、大賞の作品(『よみがえりの樹』)やその他の作品にも、見てみたいものがたくさんありました。来年も(開催されますよね?!)、ぜひ出かけたいと思っております。

朝日ホールでの上映だったのに、よみうりホールに出かけてしまい、
落語の会に入場しそうになったマヌケな観客は私です。

左端よりのブロックで見ましたが、案外観やすかったです。
音楽がなかったからかもしれませんが
(ステレオだったら音のバランスが気になってたかも)。



posted by 銀の匙 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444207171
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック