2016年11月25日

残酷ドラゴン 血闘竜門の宿

*朗報* 2017年1月28日より、『侠女』と共に渋谷ユーロスペースで公開!
作品情報は→こちらまで http://www.shochiku.co.jp/kinghu/sp/index.html
 松竹映画っていうのがまたピッタリで…(笑)

「龍門客桟」といえば、ツイ・ハーク監督の『新龍門客桟』しか観たことがなくて、いったいオリジナルの方はどんななんだろう、『侠女』のキン・フー監督作品だから、きっと面白いに違いない…と思っていたところ、東京フィルメックス映画祭で上映してくださったので、早速観に行ってみました。

月曜日、しかも終映が夜11時半を回るにも関わらず、日劇3のそこそこ広い場内は善男善女で押すな押すなの大賑わい。昔からのアジア映画ファン/武侠映画ファンらしき方々の中に、トレンディ(死語)な若者の姿もちらほら。

そんなオシャレな映画だったかしら?

それはともかく、なかなか観る機会がない映画というのは本当で、冒頭部のクレジットによれば、台湾でデジタルリマスターを施したのでまた鑑賞できるようになった様子。

いま観ると、現代武侠映画のルーツとはいえ、時代劇にしては衣装もセットもちゃっちいし、物語なんてあってなきが如しなのですが、それが逆に良い味になっている(ような気がする)映画です。

お話は明の時代、無実の罪で処刑された忠臣の遺児が立ち寄った龍門の旅籠で、彼らを追う東廠(宦官による特務機関)を、宿の主人や、通りがかりの武芸の達人が撃退する、というもの。

観ていて、なぜかメトロポリタン・オペラのライブ・ビューイングを連想してしまったのですが、立ち回りや鳴り物入りの音楽が越劇っぽくて、伝統劇の舞台を観ているような雰囲気がある一方、ワイヤーワークやナゾの電子音楽みたいなBGMが登場したりして、なぜか最先端だったりもする不思議なミックス具合であります。

ナゾと言えば字幕もすごくて、セリフは画面の下にヨコ書き、「東廠」みたいな用語の解説がタテ書きで画面の右に入り、盛りだくさんな印象です。こういうの初めなので、アバンギャルドな印象だったんですけど、ふつうにあるものなんでしょうか???

そういえば、最初の方でやたら笑いが起こっていたのですが、たぶんセリフが“躲开(どぅおかい)”で、字幕が「どけ」だったので、「空耳アワー」状態になってたからでしょうか。

あるいは、剣の達人が次々と見せる武芸の妙技の数々が、微妙に宴会芸っぽかったからか?!

おっほん、それはさておき、最初の方は演技からプロットから、いかにもあるあるな渋めのチャンバラ劇だったのに、後半に進むにつれて雑というかムチャクチャな感じになっていき、ラスボスとの戦いでは、敵の周りを取り囲んでぐるぐる回ると相手が目を回したり(これでラスボスがホットケーキになったらさらに面白かったんだけど、ってそれは○びくろさんぼの見過ぎ)、首がすぽ〜んと飛んでったり(Dr.スランプのようにあっけらかんとしていたけど…)、どこまで本気かわからない展開になってきて、ここで終わったらウケる!と思った中途半端な瞬間に、すかさず「終劇」の2文字、案の定、お客さん超ウケていましたね〜。

しかも字幕まで、最初の正調時代劇風から、だんだん笑いを取る方向にシフトしてるあたり、芸が細かい。

正統派時代劇と見せかけて相当アバンギャルドな本作品、コメディやヒューマンドラマのスパイスも絶妙な逸品です。

日劇3で観ました。
スクリーンが上の方にあるうえ、前の席との間隔が狭く、かなり見づらい劇場です。
J列くらいでもちょっと前目かも。

posted by 銀の匙 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック