2016年12月05日

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(ネタバレなし)

いや〜、面白かったですね〜。

ハリー・ポッターのシリーズがあまりピンと来なかったので、ましてや外伝となると、観るつもりは全然なかったのですが、「なんとかかんとかの旅」っていうタイトルに弱いのと、トランクの中に何かいる!っていう第1弾の予告が面白くて、ついつい映画館に足を運んでしまいました(釣られやすい)。

でも、釣られて正解でしたね...。

実は、前売りを買ったあとに第2弾の予告を観てしまい、そいつがイマイチだったので、げっ、騙された...と焦っておりました。何がイマイチだったかというと、そこがそれ、本映画の主役である「魔法生物」のビジュアルだったので、焦る気持ちもお分かりいただけますことでしょう。

しかし、映画の中で動いていると、ニフラーとかニフラーとかニフラーとかが、思ったより可愛かったんです。

そういえば、最近、ルイ・ヴィトンのショーウインドーにこんな連中がいるのですが、

s-ニフラーか?.jpg
ニフラーか?

s-ニフラーですよね?.jpg
ニフラーなのか??

まさかニフラーが化けてるんじゃないでしょうね...。

今回は魔法動物学者のニュート・スキャマンダーが主人公ということで、おっちょこちょいではありますが賢いこの人が大変気に入ったうえ、学校を舞台にした前作と比べるとぐっと大人っぽく、またしょっぱなからいい具合にゴシック風味が入っているのもツボにはまりました。

お話の舞台になっている1920年代のNYを縦横無尽に駆け巡る設定もいいし、主人公のニュートを初め、脇のキャラクターもそれぞれ魅力的。ストーリーは基本、逃げた動物を捕まえる話なのですが、そこにさまざまな人のさまざまな思惑が絡んできたり、ハリー・ポッターシリーズとつながっていたりして、それほど凝ってるわけではないけれど、そこそこ厚みのある物語になっています。

私はハリー・ポッターのファンじゃないんですけど(すいませんね)、ファンタスティック・ビーストはファンになれそうです。

映画を観る前に読んでしまうと、ちょいとネタバレになってしまうかも知れませんが、お話のカギとなる、アメリカ合衆国魔法議会(マクーザ)について、原作者のJ.K.ローリングさんが書いているこちらの文章(https://www.pottermore.com/writing-by-jk-rowling/macusa-jp)も、お話の背景を知るうえで興味深いです。

そうそう、アメリカが舞台といえば、アメリカの俳優とイギリスの俳優でことばをちゃんと使い分けてる上、魔法世界の用語もイギリスと違いを出すなど、イギリスファンタジーの伝統か、さすがことばの設定はきちんとしてますね。

今回のお話はそれなりに完結していますが、シリーズものだということなので、これは先が楽しみになってまいりました。

ニュート・スキャマンダーさん(尊敬すべき人なので、どうしてもさん付けで呼びたくなってしまう)のミドルネームはアルテミスっていうらしいですね(女…?)。映画の中で、お兄さんの名前はテセウスで、どうもスゴイ人っぽいようなことが匂わされていましたが、お名前のナゾも含めて、先々解明されることを期待しております!

TOHOシネマズ日本橋でみました。
ここのスクリーン7はTCXドルビーが売りの上、場所柄か、あまり混み合わないので
おススメの映画館です。後ろから2列目のLか3列目のK、14か15の席が観やすいです。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅|映画情報のぴあ映画生活
posted by 銀の匙 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444604524
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック