2016年12月21日

あなた、その川を渡らないで(表示以降、ストーリーの結末に触れています)

この映画のストーリーを簡単に説明すると、こんな感じです。

昔々…じゃなくて21世紀、韓国の山奥に、
おじいさんとおばあさんが住んでいました。

おじいさん…とおばあさんは、山へ芝刈りに、
おばあさん…とおじいさんは、川へ洗濯に行きました
(そんでもって、おじいさんは、洗濯しているおばあさんにちょっかいを出していました)

つまり、二人はどこへでも一緒に出かけました。

そして二人はいつまでも 幸せに暮らしました。
めでたし、めでたし。

いやほんと、ドキュメンタリーだということを忘れてしまいそうなくらい、このまんま。

89歳になっても可愛らしいおばあさんと、
98歳になってもやんちゃなおじいさん。

二人はとても仲良しで、どこへでも手をつないで出かけます。
いつもお揃いのきれいな韓服を着ていて、とてもオシャレなカップルです。

そういえば、オリンピックの前だったと思うけど、80年代に初めて韓国に行ったとき、ソウルの街でも年配の人は民族衣装を着て、ステキな帽子を被ってましたっけ。夏だったので、白の麻の服がとても清々しく見えたものです。

2000年に入ってまた出かけたら、地方に行っても全然韓服を見かけなくなっててとても残念でした。機能的で動きやすいんじゃないかと思うのですが、実際着ると、見た目とは違うのかしら…?

と、話が逸れましたが、山間の川沿いの一軒家に暮らしている老夫婦の日常を、映画は優しく映し出します。

お手洗いが離れにあるんだ…とか、床に座ってご飯を食べるんだ...とか、縁側みたいな場所があるんだ...とか、日本の田舎によく似てると思うところもあるし、嬉しいと歌ったり踊ったり、哀しいと声を挙げて泣いたり、感情表現は開けっぴろげで日本とはだいぶ違います。

でも基本、皆さん明るいというか、楽観的だから長生きなさってるのかも知れないけど、老人会のバス旅行でディスコ風のアリランがかかると立ち上がって踊り出したり、何だか楽しそう。

とはいえ、若いころのように元気いっぱいという訳にもいきません。そうした衰えも、仕方がないことと受け入れて、一日一日を大切に生きるお二人の姿が、あたり一面の銀世界や春の花々、夏の驟雨や涼み台での食事など、四季折々の風物や自然と美しく調和しています。

以下、映画の後半に触れています。


* * *



ある日おばあさんは、お店で6着の子供服を買って、燃やし始めます。早くに亡くなった6人のお子さんのために、天国で着る服を用意していたのです。当時はまだ貧しくて、服を買ってあげられなかったのが心残りだったからと。でもなぜ今…?と思ったら、理由はすぐに分かりました。

咳が止まらなくなり、夜もよく眠れないおじいさん。おばあさんは、子どもたちに服を持って行って欲しいと言い、着る物に困らないようにと、おじいさんの普段着も少しずつ火にくべ始めます。そこまで覚悟しながら、それでもやはり、一日でもおじいさんと一緒にいたいと願うその姿にしみじみと心打たれるものを感じます。

観終わった後、身近な人をもっと大切にしようと、きっと思える映画です。

作品のサイトはこちら↓
http://anata-river.com/

ユジク阿佐ヶ谷で観ました。
規模は小さいですが、アットホームな雰囲気で、
椅子もしっかりしている観やすい劇場です。
posted by 銀の匙 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック