2005年01月19日

オペラ座バレエと大野一雄

オペラ座

去年(2004年)の秋(9月25日,土)に見た公演の話題ですが、今年までロングランとのことでしたので、備忘のために書いておくことにしました。

パリの旧オペラ座(ガルニエ)といえば映画でも有名で、まずはこの建物の中が見たかったのです。2000年に初めて訪れたときはあいにく改修中だったため、今回は何の演目でもいいからやっているのを見よう、という消極的なチョイスでありました。

何しろフランス語ができませんので、当日券を買うのはまず無理だと思い、オペラ座のHPから切符を予約しておきました。このHPには英語表示がありますので、フランス語がわからなくても大丈夫です。予約の最後に予約番号を控えるか、予約番号が表示されているページをプリントアウトして当日持参します。席は大体のゾーンが選べるようになっていて、その日はとても見やすい良い席が取れました。

当日は8時からの公演でしたが、遅くとも開演30分前にはチケットと引き換えにくるように、と書いてあり、地方から夕方パリに戻ったのでギリギリセーフでした。入り口ではまず持ち物チェックがあります。中へ入り、どこで引き換えてくれるのだろうとウロウロしていると、右手に並ぶ列と、階段の正面に三々五々ひとが固まっているのと、2つ流れができています。どうも右は当日券の列のようだ、と思いつつ、係員らしき人にプリントアウトを見せてみたのですが、英語ページだったせいか、えーっと??という顔をされてしまいました。しょうがない、階段の上のギャルソンに聞こう…とプリントアウトを差し出したら、はい、交換をはじめます、みたいなことを宣言して、私の分から引き換えてくれちゃいました(下で待ってた皆さん、ごめんなさい…)。

私の行った日が特別だったのかどうか知りませんが、係員の人が綺麗なのにはびっくりしました。皆が萩尾望都の絵から抜け出してきたような感じです。ひょっとして、ここは顔で職員を採用してるんだろうかと思ったほどです。

緞帳

席についてあたりを見てみると、演目がモダンのせいもあるのか、思ったより皆ふだん着っぽい格好をしています。バレエ学校の生徒さんかな、というような若い人たちもちらほら見かけました。

今回の演目は三人のコレオグラファーの名をそのままとって「Bell,Lander,Robbins」と題され、それぞれが「Etudes」「Veronique Doisneau」「Glass Pieces」の1作ずつを振付けた三本立てでした。

正直、私にはモダンの良さというのがよくわかりません(汗)。クラシックは素直に綺麗だと思うし、ローザスみたいな現代ダンスは面白いと思うけど、モダンバレエの、テクニックはほぼクラシックバレエのままで感情表現は自前、というのがどうも中途半端な気がしていたからです。

今回の1つめの演目「Etudes」は練習風景がそのまま舞台に上がってきたようなもので、さすがに踊りは上手いと思ったものの、あまり印象に残りませんでした。

オペラ座バレエ
最後の演目はフィリップ・グラスが音楽を担当し、全般に健康体操みたいな雰囲気が面白かった作品です(↑写真はカーテンコールのときに撮ったもの)。女性だけの群舞、男性だけの群舞、女性と男性の組み合わせという、いろいろなバリエーションが登場しますが、なんといっても男性の群舞は際立っていました。男性の舞踊手は女性の支え手か添え物扱いにしかみられていなかったのが、近年一転して注目を集めていますけれども、この作品の中では力強さやスピードをアピールする振り付けになっていて、男性が主な踊り手の西洋のダンスってこんな感じだったかも?と思わせるようなところがありました。

廊下

幕間の休憩時間には20分づつあるので、席を立ってカウンターで飲み物を注文してみたり、中を見学したりできます。エレベータもありますし、階段でも登れます。上の方には個室もあって、入り口に一人ずつ係りの人が詰めているのが見えました。大広間のような場所は圧巻で、天井にはびっしりと絵か描かれ、吊り下げられたシャンデリアのまばゆい光に照らされています。しかも描かれた人物は巻き毛巻き毛巻き毛のオンパレード…ここを見るだけで眼の容量はオーバー気味です。

さて、二番目の演目は、演じたバレリーナの名前がタイトルになっています。彼女は練習着を着て舞台の真ん中に立ち、お客さんに話しかけます。バレリーナが口を利くというのに意表をつかれ、何かの解説だろうかと思ってみていると、彼女は拍子を口ずさみながら踊ってみせます。舞台の端から端へ移動するだけですが、息が切れてしばらくはしゃべれません。映画「エトワール」で見た、出番が終わって舞台裏に引っ込んだバレリーナのようだと思いながら見ていました。そうやって来る日も来る日も練習するわけです。

そしていよいよ舞台!という晴れがましい日のありさまが再現されます。彼女は舞台衣装を着て、一人で舞台に立っています。バックに流れるのは白鳥の湖。白いチュチュを着た彼女は、手をすっと前で重ねて立っています。音楽は盛り上がりますが、ときどき首の向きを変えたり、足の位置を変えたりするだけ。そう、彼女は、舞台の中央で踊るエトワールの後ろに控えている、「その他大勢」の役なのです。ほとんど動きはありませんが、それでも彼女は白鳥みたいに立っており、舞台に一人だけにもかかわらず、あまり気配を感じさせません。踊らない踊りなのです。

この舞台を見ていて、2年ほど前にシアターXで見た、大野一雄さんの舞踏を思い出しました。もう90歳をとうに越えた大野さんは、立ち上がることもできません。椅子に座り、お弟子さんにかつがれて、小さな舞台に登場します。心もち、顔をあげると、そこに華麗なワルツの音楽が流れてきます。大野さんは何かに憧れるかのように、手を前に伸ばします。舞踏家が動けないとはどのようなことか、その心情を思うととても辛く感じる一瞬です。と、芸術家らしい、長くて繊細な指が少しだけ動きます。動きといえばたったそれだけ…。それでもこの老舞踏家の指さす先に、華麗に踊る彼の姿がはっきりと見えるのです。そのうちに曲はハワイアンになったり、移り変わっていきますが、彼は眠ったまま動きません。それでも観客は、彼が夢の中で踊っていることを知っている。この舞台の衝撃はいまでも忘れることができません。

今回オペラ座で見たこの演目では、彼女はほとんど動いていませんが、確実に踊りの一部分にはなっています。その意味では、踊らないことによる究極の踊りという境地とは違うのでしょう。ただ、いつも「脇役でしかない人のペーソス喜劇」という軽い作品というだけでもないように思いました。

この演目、最後の方で別の人が出てきて、座って見ている彼女の前で、軽々と自由に踊ってみせるシーンがあります。それは、結局いつも人が踊るのを見ているだけ…というダメ押し的なシーンにも取れましたが、もう一方で、彼女の憧れの中では、こういう風に踊っている、というようにも(大野さんの場合は、その部分は観客が付け加えるわけですけれども)取れるような気がしたのです。
posted by 銀の匙 at 02:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 舞台/パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月12日

ジョアン・ジルベルト ジャパンツアー2004

ジルベルト

初来日時、ちょうど旅行へ出かけて日本にいない予定だったため、
キャンセルしてこのコンサートが観たい…と真剣に悩んだ2003年。
もう二度とチャンスはないだろうと思っておりました。
それがなんと、再公演をしてくれるというではありませんか。
山積する仕事を途中でぶっちぎり、走りに走って会場の国際フォーラムに駆けつけました。

どうせ開演は遅れるに決まっている…と思っていたら、
なんと15分過ぎにはご本人さま堂々のご登場。ギター1本だけをお供に、
すぐに歌が始まりました。

その歌いぶりは「ボサノヴァ」というか「もさもさ」という感じで、
全然頑張らず、話すように歌っているのに、音程には微塵の狂いもないのです。
こんなに広い会場で、歌っているのは彼ひとりだけ。それでも、ホールの隅々まで
手触りの良い音が広がってゆきます。

静かでとても軽やかな音楽。意味を知っている曲はひとつもありませんが、聞いているうちに、シャンペンの泡や、細かな波が優しくくだける砂浜、微風に吹かれて午後のひとときを楽しむ人々の姿などが脳裏に浮かびます。かと思うと、秋の木立を思わせるような少し寂しげな曲もあったり、早口言葉みたいな歌もあったり、寛いで楽しめるものばかりです。

ただ、一番好きな「ジザフィナード」のときには、息を詰めて聞いていました。実際に目の前で歌ってくれることがあるなんて…本当に夢のようです。

今回の公演は2階席の前の方で聞いたこともあり、音響は申し分なく、舞台もよく見えました。お客さんがあまり静かではなかったのが、ちょっと残念です。

2004年10月10日 東京・国際フォーラム(銀座)
posted by 銀の匙 at 02:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 舞台/パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月25日

ブラジル・ボディノスタルジア トークショー

吉増氏

ブラジルの現代美術を紹介する展覧会を記念して、ブラジルをうたった詩人・吉増剛造(よしますごうぞう)さんのポエトリー・リーディングがあると伺い、行ってみました。地味な催しだと思ったのに、会場は人でいっぱいで、ついに定員の150人が満席になってしまいました。

会場では、ブラジルと吉増さんにまつわるごく短い映像が繰り返し流れ、映像のエピソードも交えながら語るという趣向です。

あいにく今日も仕事があり、昼休み1時間だけ抜けさせてもらうという約束だったので、朗読まで行かないうちに会場を出なければならず、後ろ髪を引かれる思いでした。それでも、評判にたがわない引き込まれるような語り口を堪能することができました。図版は、吉増さんが講演の朝起き出して、詩を書くつもりだったものが、このような形になったという自筆原稿の写しです。

自作の「ガローアの森」について語っていたときに、この詩をポルトガル語に訳して…日本語訳も…と言い間違えたあと、なぜ日本語訳と言ってしまったのかな?自信がもてないからかな?…と自分の発言について自分の中で反芻していたのがとても印象的でした。

講演というとすぐ思い浮かぶ、有り難いお話がエピソードつきで繰り出されるというたぐいのものではなくて、話をたぐり寄せながら、ゆるい感じで語ってゆくのですが、「ノーガード戦法」のように、パンチを繰り出すわけでもないのに聞き手の言葉に対する注意力を喚起するかのように、じわりじわりと効いてきます。

これまで、吉増さんの詩は理が勝っているように勝手に思っていたのですが、そんなことはありませんでした。彼が詩の中で「火」について語れば、それは奥に幾重にも意味が折りたたまれているのです。詩人は言葉をおろそかにはしません。こんなに注意深く話を聞いたことはかつてありませんでした。次はぜひ、詩の朗読を聞きたいものです。アンヌさん、お誘いありがとうございました。

国立近代美術館。展覧会自体は終了してしまいましたが、お知らせはこちら
posted by 銀の匙 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台/パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月24日

妹背山婦女庭訓/バックステージツアー

文楽

国立劇場で見ました。江戸時代の一時期、文楽は歌舞伎よりも人気があったという話が頷けます。お話自体も最初の方は微笑ましく、NHKの人形劇かなんかをライブで見る感覚でいたのですが、すぐに演じているのが人形であるということを意識しなくなりました(人形は3人がかりで使うため、何体が登場すると舞台が満員電車状態になり、ちょっと可笑しかった)。

お話はまさにロミオとジュリエットな恋物語を軸に、歴史のうねり(とは言っても奈良時代なのにサムライが出てきちゃったりして考証はムチャクチャ)を重ね合わせた大作で、どんでん返しもある傑作です。ネタばれしちゃうと面白くないので伏せますが、シェークスピアに匹敵するすごい劇だと思います。

音楽は義太夫節で、日本にこんな芸能があるのね、と思わせるほどパッションに溢れた語りです。この演目に限り、両側に太夫が陣取るステレオ仕掛け。しかもそれが演出上非常に重要なのです。すさまじい迫力に圧倒されてしまいました。後で聞いたところによると、本作は大曲なので、演者も音楽も最高クラスの人が出演するんだとか。

さて、劇が終わったあとは、同行してくださった方の計らいで、舞台裏を見せて頂きました。小劇場とはいえ、舞台は大変広く、上から見ると客席が間近に感じられます。背景は天井に釣ってあり、それが下りてくる仕組みだそうです。障子やふすまは桟があるわけではなく窓枠の上に引っ掛けてあり、本番でバタンと良く落っことすんだとか。

人形遣いで主な遣い手の人は花魁のような高下駄を履きます。履いて移動するだけで重労働って感じです。人形遣いの仕事は舞台の上だけではありません。人形はマネキンみたいに髪も衣服もない状態なので、役柄に合わせて衣装を着付けるのも人形遣いの役目なのだとか。ですから、同じかしらをいろいろと使いまわせるのです。髪は床山さんが結うそうです。
文楽2

女性の口元には針が飛び出しています。これは、泣くしぐさのときに、着物の袖をひっかけるためについているのだそうです。衣装や小道具類は舞台用とはいえ、とてもきちんと作られています。

義太夫を歌う太夫さんと三味線の人は、小さな回り舞台(床)に座って出番を待ち、順番がくると手動でぐるっと表舞台にでます。床本(語りの台本)を置く見台は豪華な漆塗りで個人持ち。ひとつ100万円単位で、できる範囲で内容に合わせて違うものを使うと聞きました。

ほんの15分足らずでしたが、いろいろ見学させてもらい、とても楽しかったです。鑑賞教室なども時折開かれるそうなので、機会があれば是非おでかけになってみてください。
posted by 銀の匙 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台/パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月19日

五月大歌舞伎

幕

しばらくぶりに歌舞伎を見ました。初めて歌舞伎を観るという外国人と一緒に行くため、綺麗でわかりやすい「暫(しばらく)」という演目がかかるのを待っていたのです。今回、十一代目市川海老蔵襲名披露も兼ねていたとは、チケット争奪戦の時点では全く知りませんでした。というようなことからもおわかり頂けますように、その辺の外人さんより更にシロウトなのであります(昨今は、外人さんの方が詳しいですからねえ…。ヴィゴ・モーテンセンの足下にも及ばないと確信しております)。
前住んでたところは能楽堂のそばでしたので、能は年に2,3本は見てたのですが…とフォローしてみたり…

というわけで底の浅い感想で恐縮ですが、いつの時代も庶民の見たいと思うものは変わらないんだなあというのが偽らざる印象です。数時間の間に踊りあり、ドラマあり、立ち回りありとバラエティ豊かな構成は、ドリフの「8時だヨ!全員集合」みたいですし、それとなくスプラッタな場面が紛れ込んでいるのも、観客の好みに合わせたものなんでしょうね。衣装の袖に大胆な模様を描いて、黒子が後ろから広げてみせるところは、花をしょった少女マンガの王子様のようです。「侍の妻より、町人の妻の方がええわいな」とかヒロインに言わせちゃうのも観客のニーズなんでしょうが…江戸時代もこのセリフだったのでしょうか。だとしたら、ある意味すごく大胆ですよね。

同行した人は、能に比べて俗っぽすぎて好きじゃないと言っておりましたが、根っから庶民の私は大変楽しませてもらいました。贔屓の役者さんの着せ替えをたっぷり観て、歌も聴いて踊りも観てと、ファンには夢のようなひとときに違いありません。動きや背景などの大胆な省略や誇張は、今の日本のアニメやマンガにも確実に引き継がれているなあとも感じました。

海老蔵の声は良く通ってましたが、セリフの間が詰まりすぎていて、大向こうのお客さんが声を掛けるタイミングに苦労していました。それでもところどころで出た「よっ、11代目!」の掛け声は、お披露目公演ならではのものでしょうか。演目は「暫」のほか、「四季三葉草」「紅葉狩」「伊勢音頭恋寝刃」で、ことに「四季三葉草」の歌(浄瑠璃?)は素晴らしかったです。

二階に上がると、ロビーに今回の公演にちなんだ展示がしてありました。お花はフランスの某有名ブランドからも届いていました。海老蔵さん、自分の着付け用具一式を入れる鞄をこちらに特注したようです。こういうところも庶民好みの役者さんって感じです。幕も今回、襲名に併せて某お茶メーカーより贈られていました。

お花かばん
posted by 銀の匙 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台/パフォーマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする